『催眠聖女 ローザ・フェアリー』(5)

 「そうでしたか......やはりセラとは話が出来ませんでしたか...... しかしトキロウが発作を起こしたんでは仕方がないですね」町に帰ったローザは、教会に戻り神父にセラたちとの事を伝えた。  「セラは全く私とは話をしようとはしませんでした。 トキロウとは少しですが話をすることは出来たのですが、セラが町の女性たちに影響を与えている可能性がある事を伝えたら、トキロウは随分とショックを受けた様子…

続きを読む

『催眠聖女 ローザ・フェアリー』(4)

 ローザは『聖ヒプノ修道院』について話し始めた。  「聖ヒプノ修道院は『聖催眠神 メスマリア』を信仰する『メスマリア教』の信者たちが集まる修道院であり聖地なの。 私たち『メスマリア教』の修道女たちは、『聖催眠神 メスマリア』の教えに従い、平和と平等、そして安らぎと愛を催眠の力を使うことで多くの人々に幸福をもたらし、貧しい人々を救済する活動を行っているのよ」  「催眠の力を使うんですか? …

続きを読む

『催眠聖女 ローザ・フェアリー』(3)

 ローザは翌日、町のチーズ職人の馬車でセラのいる牧場へ向かった。 車ではなく、馬車で牧場まで向かうというのは、いかにも田舎の町らしい。 牧場の場所は町から少し離れており、雲ひとつ無い晴天の中、のどかな農道を馬車はゆっくりと進みながら牧場を目指した。  「この町はチーズ作りが盛んなのです。 いいチーズを作るには上質なミルクが必要なんですが、セラが牧場で牛の世話をするようになってから、牛たちが…

続きを読む

『催眠聖女 ローザ・フェアリー』(2)

 ローザは教会に向かう途中に銅像を見つけた。 銅像には『偉大なる聖女 マザー・セシリア』と書かれていた。 ローザは銅像を見つけるとその銅像の前で祈りを捧げ始めた。 この町はかつて偉大なマザー・ヒプノティストであった『マザー・セシリア』の出生の地である。 マザー・セシリアの偉大な功績を称え、町には銅像が建てられた。 催眠聖女にとってこの町は『聖地』にも似た思いがある。  (マザー・セシリア.…

続きを読む

『催眠聖女 ローザ・フェアリー』(1)

 ローザはヨーロッパのある国の古い小さな田舎町に来ていた…… 町は歴史を感じさせる建物が多く存在し、建物の至る所にはまだ大戦の傷跡が生々しく残されていた。 また町には『聖ヒプノ修道院』にゆかりの深い教会がある。  ローザは『マザー・ヒプノティスト』に依頼され、この町にいるという奇跡の力を持つ少女の調査にやってきた。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  「ローザ、あなたに…

続きを読む

悪女たちの催眠術 その(2)

 催眠魔女の虜のファンの皆様、こんばんわ!! 作者のクーガです!!   先日、『悪女の催眠術』第一弾の記事を投稿致しました。 いかがだったでしょうか? やはり『悪女の催眠術』というのは女性催眠術師フェチの心を引きつけるものがありますね!! もっと色々な『悪女の催眠術』を紹介したいと思いまして、今回第二弾をやらして頂きます!!  前回はマッチョファンタジーに登場した悪女『女王タラミス』様を紹介…

続きを読む

催眠魔女の虜 登場人物紹介(2)

 催眠魔女の虜のファンの皆様、こんばんは!! 作者のクーガです!!  先日から小説制作も再開してまして、仕事の合間を見ながらコツコツと制作しております。 今は少し長編の小説と短編を一本制作中でして、長編の方は全て制作が完了次第、発表して行きますので、もう少々お待ちください(汗) 頑張って書いてます!!  しばらく間が開いてしまって、登場人物などをすっかり忘れてしまっているので、自分の為にも今…

続きを読む

悪女たちの催眠術 その(1)

 『悪女の催眠術』女性催眠術師フェチのクーガにとって、こんなに心が踊り興奮する素晴らしい響きの言葉は他にはありません!!  なぜこんなにも心が躍るのか? それは催眠術の持つ神秘性が悪女の魅力をより引き立てるからではないでしょうか? 逆も然りで正義の味方が催眠術を使うよりも、悪女が使った方がより催眠術というものが際立つように思います。  アニメ、特撮、映画など様々なジャンルで悪役の女性は数…

続きを読む

ご無沙汰しておりました!!

   皆様、長い間ご無沙汰しておりました。 『催眠魔女の虜』の作者のクーガです。  約2年半ぶりの投稿になりますが、本当に長い間更新出来ずに申し訳ありませんでした。 心からお詫び申し上げます(泣)  言い訳がましくなりますが、事情を説明申し上げますと、仕事の方が急に忙しくなり、2018年から2019年にかけて海外出張が多く、とてもブログを更新出来る状態ではありませんでした(大泣) …

続きを読む

短編小説 『催眠魔忍 シルビア』PART2

 ジライヤは夜な夜な一人で家を出てどこかへと向かう…… そんな不審な行動をとるジライヤの後を弟の学は尾行していた。  「闘破兄ちゃん、一体どこに行くんだろう……?」 まるで夢遊病者の様にフラフラと歩きながら、ジライヤはどこかへと向かっている。 学の尾行にも全く気付いてる様子は無い……  学が尾行を続けていると、ジライヤは古びた洋館の中に入って行った。 「こんなところに何しに行くんだろ…

続きを読む

女性催眠マジシャンの小説

 皆さまに嬉しいお知らせがあります!!  この、『催眠魔女の虜』 の影響を受けて、『女性催眠マジシャン』 の小説を製作して下さった小説家の方がいらっしゃいます!!  小説家の、『乱れ丸゛』 さんと仰る方で、先日このブログで公開した、『エッチな催眠マジックショー』 のイラストを見て、創作意欲を掻き立てられたそうです!!  『乱れ丸゛』 さんの小説はこちら→ http://m-pe…

続きを読む

『催眠女帝 ゼラ』 イラスト

 とてもおめでたい事に、また新しいイラストが完成致しました!!  今回のイラストは、この、『催眠魔女の虜』 のラスボスである、『催眠女帝 ゼラ』 のイラストです!! 以前にもゼラのイラストを製作しましたが、今回はまた趣を変えて製作してみました!!  イラストがこちら↓  以前のイラストとは、また違った雰囲気になっていると思います!! ゼラの特徴である…

続きを読む

女性催眠術師フェチの未来

 この、『催眠魔女の虜』 のブログも来月で七年目を迎えます。  正直、よく続いていると、自分でも感心しております!!  物心がついた時から女性の催眠術師に惹かれ 愛し求め続けて約四十年が経ちました…… 今でも日々、『女性催眠術師』 の事を考え、ネットで画像や動画などの情報を集めております。 もう自分の人生に無くてはならないものになってます。  そして最近思うことは、自分のような…

続きを読む

エッチな催眠マジックショーのイラスト

 催眠魔女の虜のファンの皆様、新しいイラストが完成いたしました!!(拍手)  今回はアダルトなイラストに挑戦いたしました。 前回、アダルトなイラスト製作に挑戦したのですが、諸事情により途中で断念してしまいましたが、今回は見事に完成致しました!!  それでは、イラストをご覧ください!!  こちらのイラスト、女性マジシャンに催眠術をかけられ空中浮遊のマジックをされて…

続きを読む

特別公開

 実は三年ほど前にイラストの製作を依頼していたのですが、諸事情により断念してしまいました(泣)  イラストは90%は完成していて、製作者からも自由に公開してもらって構わないと言っていただいたのですが、未完成の作品を公開するのは、何となく気が引けて封印していました。  しかし、今回特別に公開しちゃいます!! 三年も経ったからいいかと(笑)  イラストがこちらです!! ドン!! …

続きを読む

ボツストーリー

 皆さん、いつも、『催眠魔女の虜』 をご覧頂きありがとうございます!! 久しぶりの雑記です(笑)  女性催眠術師フェチの自分は、毎日女性催眠術師の妄想に明け暮れております。 魅力的な女性催眠術師の創作、二次小説など、催眠術が似合う女性キャラクターを日々研究している毎日です!!  その妄想の中で色々なストーリーが浮かびますが、今回はそんな妄想ストーリーの中でも、『さすがにこれは物語にす…

続きを読む

短編小説 『しずかちゃんの催眠お仕置き』

 「ドラちゃん…… あの三人を懲らしめる、何かいい道具は無いかしら?」 のび太の家でしずかはドラえもんに泣きついた。  「あの三人て、のび太君とジャイアンとスネ夫の事?」  「そうよ!! あの三人たら、私のスカートをめくったり、お風呂を覗いたり、胸に触ってきたり、やりたい放題なのよ!! もう許せないわ!! 二度とそんな事しないように懲らしめてやりたいのよ!!」 しずかは三人の悪戯にご…

続きを読む

短編小説 『催眠聖女 クリスティーナ・フェアリー』

 マリンの父、『夢野 英作』 は自宅にある画廊で、一心不乱に筆を走らせていた。 美術大学を卒業した後に、絵の勉強の為にヨーロッパへとやってきた。 そして妻である、『クリスティーナ・フェアリー』 と出会い、恋に落ち結婚した。 のちに二人の間に、ひとり娘のマリンが誕生した。  英作は現在はヨーロッパを中心に活動しており、英作の描く絵はヨーロッパでは高い評価を得ていて、多くのファンがいる。 …

続きを読む

短編小説 『催眠聖女 エリザベス・ヒプノブルグ』

 ヨーロッパにある小さな王国、『ヒプノブルグ王国』 …… この王国は代々女王が統治する王国であり、王族であるヒプノブルグ家は代々、『マザー・ヒプノティスト』 に仕えてきた名家である。  この王国の王女、『エリザベス・ヒプノブルグ』 は、催眠聖女の最高幹部、催眠四聖女の一人であり、風の催眠聖団の聖団長を務めている。  現在、『催眠女帝』 の軍団、『催眠帝国軍』 が、催眠聖女の聖地、『聖…

続きを読む

短編小説 『催眠魔忍シルビア』

 正義の忍者ジライヤと魔忍シルビアの激しい戦いが行われていた!! お互い一歩も譲らない戦いだったが、ジライヤが勝負を決めるため、磁光真空剣を抜いた!!  「行くぞシルビア!! 磁光真空剣!!」 ジライヤの磁光真空剣が激しく輝いた!!  「ふふふ…… ジライヤ!! そうはさせないわよ!!」 シルビアは余裕の笑みを浮かべながら、懐から持鈴を取り出した。 そして、(チリ~ン…… チリ~ン……

続きを読む