『催眠聖女 ローザ・フェアリー』あとがき

 皆様こんばんは!! 『催眠魔女の虜』の作者のクーガです!!   今回の『催眠聖女 ローザ・フェアリー』はいかがだったでしょうか? 約8ヶ月の間、毎週1話ずつの投稿という形で連載を始め、30話を持ちまして一旦終了となりました。 長かった......  ローザ、トキロウ、セラの物語、楽しんでいただけたでしょうか? タイトルは『催眠聖女 ローザ・フェアリー』とありますが、主人公は完全にセラで…

続きを読む

『催眠聖女 ローザ・フェアリー』(最終話)

 「では、時郎様。 我々は一旦アジトへと戻ります。 見張りなどは必要はありませんか?」トキロウとの話を終えた『白眠衆』たちは一旦アジトへと戻る事にした。 トキロウはアジトへと戻る『白眠衆』を見送るため、小屋の外まで出てきていた。 セラは小屋の中にそのまま残っている。  「大丈夫だよ、僕は子供じゃないんだから見張りなんていらないよ!! あんまり見張られるのは正直嫌だしね。 とりあえず、アンソニー…

続きを読む

『催眠聖女 ローザ・フェアリー』(29)

 セラが目覚めてから一週間後、アンソニーがローザと共にトキロウとセラが住む小屋へと訪れてきた。 アンソニーの来訪目的は、ある提案を二人にする為だった。  「え?! 僕たちが”王宮”へ......」アンソニーからの提案にトキロウは驚愕した。  「そうなんだ。 二人を王宮に住まわせる方が良いというのが、国王陛下と王妃の考えなんだ。 今回の一連の事件は国王陛下にはもちろん報告してある。 先日ロ…

続きを読む

『催眠聖女 ローザ・フェアリー』(28)

 セラが目覚めたと聞いて、町長や神父を中心に町の人間達がセラのいる病院に訪れてきた。  町の人間たちはカグラに操られてセラを襲った記憶は無い。 ローザから話を聞いて自分たちが操られてセラを襲ったことを知ったのだった。   「セラ、色々と迷惑をかけてすまなかったね...... まさか操られてセラを襲うなんて、今でも信じられないよ...... 町の住民を代表して謝罪しにきたよ...... 本当…

続きを読む

『催眠聖女 ローザ・フェアリー』(27)

 「私は生きているのか......?」 カグラの部下の『白眠衆』の長が目を覚ますと、そこは病院のベットの上だった。 そして自分が生きていることに戸惑いを感じていた。 周りを見渡すと、他の『白眠衆』たちもベットにおり、全員が自分と同じように戸惑ったような表情をしていた。 『姫美島』家に伝わる秘薬、『砕眠丸』を服用すれば、高確率で副作用で命を落とす。 飲んだ全員が生きている事などはまずありえない…

続きを読む