『催眠聖女 ローザ・フェアリー』(23)

 近年、『姫美島』の血を受け継ぐ女系女子は少なくなっており、御三家のうち『真宮』『北条』の二つの家はついに後継者がいなくなり、本家以外では『藤堂』のみが、その血統を守っていた。

 その為、『姫美島』家は存亡の危機にさらされていた。 本家の女系女子の後継者はカグラ一人しかおらず、『藤堂』も優羅子のみという状況であった。 このままでは女系女子はいなくなり、『姫美島』家は滅亡してしまう。 そこで『姫美島』家滅亡の危機を回避する為に、分家たちからある提案が出された。

 その提案とは、現在存在している女系男子と、カグラ、優羅子の二人を結婚させるというものであった。 『姫美島』本家は代々、女系男子を婿にとるというのが慣しになっていた。 この慣しは本家は特別であり、本家の権威を守る為に本家の後継者のみに許される慣習であった。 その慣習を分家である『藤堂』にも適用させ、さらに藤堂に『姫美島』の名を継承させて、二つの『姫美島』家をつくるという提案であった。

 もしカグラ、優羅子の二人の間に同時に後継者が生まれた場合には、本家と分家が合議して、より優れたものを当主にすえて『姫美島』家の存続と安泰を図るという内容であった。

 しかし当主である『姫美島 日魅子』はこの分家の提案に難色を示した。 確かに『姫美島』家の存亡を考えれば、当主としては受け入れた方が良い事は頭ではわかっていたが、母親の感情としてカグラの事を想うと受け入れ難い内容であった。 それにカグラがこの提案を受け入れるとは到底思えなかった。 また、この案は二つの家による後継者争いを生み出す可能性があった。 カグラと優羅子が争う事は目に見えていた。

 日魅子の懸念どおり、案の定カグラはこの提案に猛反発した。 カグラはこの提案が後継者不足を利用して本家を追い落とし『藤堂』を新たな本家に据えようと分家が画策していると疑っていた。 分家たちが自分のことをよく思っていない事はカグラも承知している。 だからこそ到底容認出来るはずが無かった。 

 日魅子は悩んだ...... 仮にカグラが後継者を産まず、優羅子に女系女子が産まれた場合には、しきたりに従い優羅子の子供が後継者になる。  そうなればどのみち本家は潰える。 それならば『藤堂』により純粋な後継者を残しておくことも必要であると考えた。 だが、この提案を受け入れてしまえば、双方に女系女子が産まれた場合、カグラの子が必ずしも後継者になる保証がなくなる。 カグラが女系女子を産み、優羅子が産まなければ、それで問題はないが、今度は後継者不足は解消しないことになる。 後継者不足を解消すべきか、それともしきたり通りにするべきか、日魅子は苦悩した。

 日魅子は悩みに悩んだすえ、分家たちの提案を受け入れることにした。 伝統ある『姫美島』家を存続させることが何より優先に考えた。 我が子可愛さより、当主としての責任を果たすことに決めたのだ。 これは苦渋の決断であった。

 この、日魅子の決断にカグラは当然納得がいかなかった。 分家の案を受け入れれば、本家は『藤堂』に乗っ取られると日魅子に訴えた。 日魅子もそれは重々承知していたが、現実的に『姫美島』家存続の為の案が他にない以上、受け入れるしか無かった...... この出来事でカグラと日魅子の仲に亀裂が入った。

 幸いなことに御三家の『真宮』『北条』には女系男子が一人ずつ存在していた。 カグラ、優羅子は各々がどちらかの家の女系男子を婿に迎え、二つの『姫美島』家を作りさえすれば、『姫美島』存亡の危機が回避できると万事上手くはずだった。 

 しかしここで問題が発生した。 なんと二人の女系男子がカグラとの婚姻を拒絶したのだ。 二人の女系男子は互いとも優羅子との結婚を望んだ。 カグラの性格を二人の男性はよく知っていた。 カグラは人を愛する心を持っていない。 ただ後継者を産むためだけの道具としか思っていないはずだ。 たとえ『姫美島』の存亡の危機を救う為とはいえ、そんな人間と結婚などしたくは無い。 それならば、美しく心優しい優羅子との結婚を望むのが当然だと......

 二人の主張に日魅子と分家は困惑した。 まさか結婚を拒絶するとは予想していなかったからだ。 そしてこの二人の主張により、カグラのプライドは大きく傷ついた。 面目が丸潰れになったカグラは烈火のごとく怒りを露わにした。 日魅子は何とかカグラの怒りを治めようとしたが、プライドを深く傷つけられたカグラの怒りは到底収まるものではなかった。

 二人の婿候補を日魅子も分家達も懸命に説得しようとしたが、二人は頑としてカグラとの結婚を拒絶した。 そして、二人の婿候補は大事な身の上でありながら、自ら志願して戦地へと赴いてしまった。 これでもし二人が戦死するようなことがあれば、もはや『姫美島』の純粋な血統は潰えることになる...... 『姫美島』家の滅亡を回避する事は出来ない。

 戦争が終結すると、婿候補が一人だけ生還して帰ってきた。 一人は残念ながら戦死してしまった。 分家達は落胆した。 二つの『姫美島』家を作るという案が出来なくなってしまったからだ。 だが落胆する分家達を余所に驚きべき事態が起こった。 生き残った婿候補は帰国後すぐに優羅子との結婚を決めてしまった。 これには日魅子も分家も驚きを隠せなかった。 二人の婿候補は元々優羅子に心惹かれており、戦地に赴く前に、もし二人のうちどちらかが生き残ったら優羅子と結婚し、優羅子を幸せにすると約束し合っていた。 生き残った婿候補はその約束を果たそうとしたのだった。

 しかしこの行為にカグラは憤慨した。 「本家を差し置いて、分家がただ一人の女系男子と結婚するとは何事か!! 本家が何より優先されるべきである!!」と男性と優羅子の結婚を頑として認めなかった。 またしても面目が潰れたカグラに対して、普段はカグラを忌み嫌う分家の中にも、さすがに同情する分家もいた。

 カグラの言い分は最もな部分もあったが、戦地に赴き生きて帰ってきた人間が、ようやく愛する人間と結ばれようとしているのを、一族の都合で望まぬ結婚をさせるのはどうなのかという意見が分家の大半をしめた。 当主の日魅子も、もはや二人の仲を引き裂くのは、あまりに不憫だと考えた。

 だがカグラは納得しない。 そしてあろうことか、カグラは信じられない暴挙に出たのだ。 何とカグラは生き残った婿候補を強引に寝取り、挙げ句の果てには、その男性との間に子供をもうけてしまったのだ。 

 このカグラの暴挙に分家達からは非難の声が相次いだ。 カグラに同情的だった分家達もさすがにこのカグラの行動には黙ってはいられなかった。 しかし当のカグラはそんな非難の声など全く意に介していなかった。 カグラからしてみれば、優羅子よりも先に女系男子との間に後継者をもうけたという既成事実が欲しかったからだ。 

 カグラと分家達の関係は一触即発となった。 カグラのあまりの身勝手振りに、カグラへの不満が頂点に達していた。 だが意外なことに、この一触即発の関係を仲裁したのは、結婚相手を寝取られた優羅子であった。

 優羅子は、カグラは妊娠中であり、今あまり刺激をすると母子ともに影響が出ることを懸念して怒りが爆発している分家達を説得したのだ。 大事なのはカグラが無事に後継者を産むことであり、カグラの用いた手段は許せないが『姫美島』家の存続を第一に考えようという事で分家達を納得させた。 一番の被害者である優羅子が仲裁に入った以上、分家達は怒りの矛を治めるしかなかった。

 カグラの幼なじみである優羅子はカグラに対して憐みの気持ちがあった。 確かにカグラの性格に問題があるとはいえ、公然と二人の男性から結婚を拒否されれば、いくらカグラでも相当に心が傷ついたはずだと...... カグラが今回のような暴挙に出たのも、もっとカグラの気持ちに寄り添っておけばこんな暴挙に出る事はなかったのではないかと思っていた。

 やがてカグラは男女の双子を出産した。 本家に後継者が誕生した瞬間だった。 だが本来なら喜ばしい出来事であるはずだったが、分家達はあまり喜んではいなかった。 カグラが正当な後継者を産んだことにより、カグラの権威はさらに確固たるものになってしまったからだ。 カグラの性格を考えれば、これから分家の粛清が始まるはずだと分家達は考えていた。 カグラに反発していた分家達をカグラが許すはずはないと......

 しかし産まれた双子には大きな問題があった。 時郎は産まれた時から重い病を抱えており、成人までは生きられないというのが医者の見立てであった。 さらに後継者である時枝は、『姫美島』の正当な血統とは思えないほど脆弱であった。 カグラは理解できなかった。 『姫美島』の正当な後継者は代々特別な力を持って産まれてくるはずだった。 母も自分も例外ではない以上、時枝も特別な力を持って産まれてくるはずだと確信していた。 だが時枝には全く特別な力は無かった。 なぜ、こんな事態になったのか? 

 そして更なる悲劇がカグラを襲った。 カグラが双子を出産してすぐに、双子の父親の男性が流行り病で亡くなったのだ。 これは流石のカグラも、日魅子、分家達もショックを隠しきれなかった。 残っていた女系男子が亡くなったことにより、これ以上純粋な血統の後継者を産むことができなくなる可能性が大きくなったからだ。 女系男子にはまだ時郎がいるが、その時郎は重い病で成人まで生きられない可能性が高い。 そうなれば女系男子は一人もいなくなってしまう。 

 これは由々しき問題であった。 本家は女系男子と結婚することで、『姫美島』の正当な血統を受け継ぎ、権威を守っていた。 それは本家にだけ与えられた特権のようなものであったが、女系男子がいなくなることによって本家の権威が失墜してしまう可能性が出て来た。

 正当な血統を受け継ぐ本家が時枝の代で終わってしまうことになる...... そうなれば、優羅子の子供達や孫達も本家と同等の血統になってしまうのだ。 そうなれば本家の存続が危ぶまれる。 この事実にカグラは苦悩した。 そして出した答えは、自分が生きている間に時枝を誰もが認める後継者に育て、そして邪魔な分家達を一掃する結論に達した。 自分が『姫美島』の当主になれば、時枝を後継者に据えて邪魔な『藤堂』と分家を叩き潰し、時枝の後継者としての立場を盤石にすれば良い。 目の上のタンコブである母親の日魅子も老いていくだけだ。 もはや自分を脅かす存在は産まれてこないのだ。

 カグラはそれで全てが上手くいくと思っていた。 男性が死んだ事は、逆に考えれば誰も『姫美島』の正当は血統を引き継ぐ子を産む事は出来なくなったのだ。 女系男子の時郎は成人まで生きられないのだから、他の家に婿に行くこともない。 カグラが最も心配したのは、時郎の病が完治して、『藤堂』家の娘の婿になることだった。 もし仮にそうなった場合、時郎とその娘の間にできた女児は、正当な血統を受け継ぐ子になってしまう。 だが時郎は病で長生きできない。 その懸念を払拭するためにも、カグラは早く時郎に死んでもらいたいというのが本音だった。

 だが運命はカグラの思い通りにはならなかった。 分家達の耳に驚くべき情報が飛び込んできた。 何と死んだと思われていた、もう一人の婿候補が生きている可能性があるという情報だった。 男性は戦地で大怪我をしてしまい、死んだと思われていたのだが、実は生きているというのだ。 男性は捕虜になっており、収容されているという話であった。 この話を聞いた分家達は事実を確認するため極秘に調査を始めた。 調査の結果、やはり男性は生存していた。 まさに奇跡のような話であった。

 分家達はこの事実を、カグラや本家筋の人間達には徹底的に隠した。 もしカグラにこの事実を知られれば、何をしてくるかわからない。 だが不審な動きを見せれば、疑り深いカグラは必ず疑念を抱くはず...... そこで分家は一計を案じた。 それは優羅子が分家筋の別の男性と結婚したということにしたのだ。 もちろんこれは偽装結婚である。 そして生き残った男性は偽名を使って『藤堂』家の使用人という名目で優羅子の側に置き、優羅子と極秘に結婚させたのだった。

 カグラが分家の監視のために間者を送り込んでいる事は分家達は承知していた。 分家の人間達は間者に気づかれぬよう細心の注意を払いながら、二人の仲を取り持った。 一刻も早く優羅子に女の子を産んでもらいたかったからだ。 そして優羅子は妊娠した。 分家達の苦労が実ったのか、さすがの間者達も死んだと聞かされていた人間が生きているとは思わず、優羅子の結婚も妊娠も、まさか別の相手であるとは気づかなかった。

 カグラも特に警戒している様子は伺えなかった。 カグラが後継者の時枝を溺愛していたのも好都合だった。 カグラは大事な後継者である時枝の面倒を使用人に任せる事なく、全て自分で行っていた為、優羅子の事まで気が回っていなかった。

 そしてついに優羅子は女児を出産したのである。 その女児こそ”世羅子”であった。 しかも世羅子は特別であった。 いや特別というより、異能、異形と言った方があっているかも知れない。 その力は長い『姫美島』の歴史の中でも例がない存在だった。 世羅子が秘める力はカグラをも上回るほどの潜在的な力を有していた。

 世羅子が産まれ、特別な力を有していると知った時、カグラはようやく自分が欺かれていたことに気づいた。 そして世羅子が女系男子と優羅子の間に出来た子供であると知った時のカグラの狼狽ぶりは尋常ではなかった。 まさか男性が生きていて、自分が知らないうちに優羅子と結婚し子供をもうけたなどとは夢にも思っていなかった。 カグラは自分を欺いた優羅子や分家達に対して、「これは本家『姫美島』への謀反である!!」として、『藤堂』及び、今回の件に加担した全ての分家達に対して、厳しい処罰を行う事を宣告した。

 このカグラの脅迫とも取れる宣告に対して、分家達は激しい抵抗の姿勢を示した。 ”相手が望んでいないにも関わらず勝手に他人の婚約者を寝取り子供を産んだ破廉恥極まりない人間が、寝取られた人間を非難し脅迫するとは、それでも由緒ある『姫美島』家の後継者か?!” と分家達はカグラの一方的な言い分に真っ向から反発した。

 分家達が激しい抵抗を示した為、カグラはある考えに出た。 ”今のうちに世羅子を殺しておくのだ” カグラは世羅子を殺害する事を決めた。

 だが分家達はカグラの企みを読んでいた。 カグラなら必ず世羅子の命を狙ってくるはずだと。 そこで分家達は一種の賭けにでた。 分家達はもしカグラが、世羅子や優羅子の命を狙うような行為に出た場合、報復措置として分家達は本家を離反し『藤堂』を新たな『姫美島』家として、自分たちもその新家に付き従うという要求を当主である日魅子に突きつけた。 分家も命懸けだった。

 この要求は本家にとっては不利な要求だった。 多くの分家が『藤堂』に従うのは火を見るより明らかだった。 そうなれば本家は弱体化し、滅亡することになる。 分家達も、日魅子なら必ず妥協してくると予想していた。 カグラはそんな事はお構いなしだろうが、日魅子は家の存続と伝統を守る方を選ぶはずだと...... 分家達は日魅子の判断に賭けた。

 予想通り、日魅子は妥協案を提案して来た。 カグラには世羅子に対して一切手出しをさせないかわりに、本家からの離反と、時枝を『姫美島』の後継者として認める事を分家達に提案した。 分家達はこの提案を受け入れた。 まずは世羅子の身の安全を第一にすることが目的だったからだ。 それに分家達は世羅子の成長に期待した。 世羅子と時枝では圧倒的に世羅子の力が上であり、その潜在能力はカグラをも上回る。 世羅子が成長すれば、カグラを倒し、脆弱な時枝はカグラが倒れれば、世羅子に『姫美島』の後継者を譲るだろうと考えた。 こうして本家と分家達の間に和解が成立した。

 当然ながらカグラはこの和解の成立を認めなかった。 しかし日魅子が、これ以上分家たちを刺激すれば時枝の身が危なくなる可能性をカグラに伝えた。 世羅子が誕生した今、分家にとって時枝の存在価値は無いに等しい。 それどころか分家にとって時枝は邪魔な存在なのだから、ここは双方が身を引いて、互いの後継者の身の安全を図るのが得策であるとしてカグラを説得した。

 カグラも時枝の身に危険が迫ることだけは避けたかったため、仕方なくこの要求を受け入れるしかなかった。 時枝がいなくなれば全てが終わってしまう。 これでカグラは世羅子に一切の手出しが出来なくなった。 これで、一連の本家と分家の後継者を巡る骨肉の争いは一旦は終結した。 しかしカグラも分家も互いに信用はしていないし、これで全てが解決したとは思っていなかった。 特にカグラは執拗に世羅子を狙ってくるはずだと考え、分家達は常に警戒を怠らなかった。 カグラもカグラで、やはり諦めていなかった。 いつか必ず邪魔な世羅子を始末する機会を虎視淡々と狙っていたのだった。

 そしてついにその時がやって来た。 今ここで世羅子を葬り、全ての因縁に終止符を打つ。 世羅子を葬れば、もう自分を脅かす存在は誰もいない。 だが世羅子は自分が想像するより遥かに成長していた。 そのことには正直驚いたが、その力に感心したのも事実だった。 憎しみと、敬意という相反する感情を抱いたカグラは、初めて世羅子の存在に感謝していた。 人の心を持たないカグラが初めて敵に敬意を持ったのだ。 その心がカグラを戦いの醍醐味へと誘った。

 「そなたの力は見極めた!! ならばこの術を破れるものなら破ってみよ!!」カグラは数珠取り出し、その数珠の糸を切り数珠を地面へとばら撒いた。 数珠を地面ばらまくとカグラは念じ始めた。

 「あれは......? まさか母さんが陣を敷いた......?! 世羅子っ!!」トキロウが驚いたように言った。 トキロウはカグラの行動に何かを感じ取った様子だった。

 「わかってる!!」セラはカグラから視線を外さずに答えた。 一瞬でも目を離せば命取りになる。 セラもカグラが何をしてくるのかをトキロウ同様に感じ取っていた。

 カグラが念じると、地面にばら撒かれた数珠が一人でに動き始め、何かを形作り始めた。 

 「トキロウさん、あれは?! カグラは一体何をしようとしているの......?」一人でに数珠が動き何かを形作り始めたのを見て、ローザはトキロウにカグラが何をしようとしているのかを聞いた。

 「あれは『催眠方陣』です。 あの陣を敷くことによって、『催眠法力』の様々な秘伝の術を使うことが出来ます。 あの陣は『催眠法力』を増幅することが出来るんです。 母さんは世羅子の力が、想像以上だったので、陣を敷いたんだと思います......」

 「じゃあ、さらにカグラの力が増すということなのね...... なんてことなの......」ローザの顔が青ざめた。 自分では全く歯が立たなかったカグラの力がさらに増すというトキロウの言葉にローザは不安になった。 果たしてセラはこの怪物に勝てるのかと......

 そして地面に撒かれた数珠がまるで魔法陣のような形になった。 「これで準備は整った...... このカグラの真の力と恐ろしさを思い知るがよい!! 出でよ!! 『神眠竜』!!」カグラが気合を込めると、魔法陣が激しく輝き出した。 そして輝く魔法陣の中から、巨大な竜が出現した。





「催眠聖女 ローザ・フェアリー」(23)終





(24)へ続く















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント